文句を言うのはそれからじゃない?

スポンサーリンク

目の前のことを全力でできるやつが未来を切り開いていける。

 

むしろ、目の前のことすら一生懸命できないやつなんか、何も達成することなんかできないよ。

 

 

目の前ことを全力でやって点を残す。

 

点をたくさん描く。いわゆるドット。

 

そのドットをたくさんトントンしてさ、やっと1つの絵になる。

 

点と点が繋がって絵になる。

 

自分の人生っていう絵になる。

 

 

それが完成される間際で、人は自分のやりたいことに気付くのかもね。知らんけど。

 

 

未来がどうなるなんてさ、変数の多い難解な数学を解くみたいなもんだってYouTubeでホリエモンさんが言ってたわ。

 

よく質問がホリエモンさんに来るらしいよ。10年後はどうなりますか?って。

 

近い値では出せるかもしれないけど、正直どうなるかわかんないってさ。

 

そりゃそうだよね。

 

あれだけ名の知れてるホリエモンさんですら今を目一杯生きてると思うよ。いや、むしろホリエモンさんだからこそ今を目一杯生きてるというか。

 

今、目の前にあることをどう繋げていくかも大事だけど、ただひたすらに目の前のことをどうしていくかも大事。

 

いつもどこかで俺が感じたこと。

『あぁ、あの日のことが今に繋がってたんだなぁ、』ってことがある。

 

いつも俺は行き当たりバッタリだけど、全てに意味はあって繋がってるんだと感じることが最近多い。

 

それを自分でいうのはなんだけど、今を目一杯に生きてきたからだと思う。

 

自分の生き方に悩むこともあったけど、いつも点になるようやってきた自信はたしかにある。

いつもどうしたらもっとできるかな?ってことを常に考えてきた。

 

もちろん、まだまだ。

でも、確かに点を作ってきたなって思うよ。

 

とりあえず目の前のことを目一杯やろう。

 

文句を言うのはそれからじゃない?

コメント