誕生日のご挨拶・33歳もまぁ、やってきます。

スポンサーリンク

めっきり春になりまして、そんな本日は4/7付けでわたくし33歳になりました。

 

そう、いわゆるお誕生日です。

 

みなさんのおかげでまた1年、歳を重ねることができましたこと感謝しております。

 

直接、おめでとうを伝えてくれたあなた。

ライン、メッセージ、SNSで伝えてくれたあなた。

 

ほんとうにありがとうございます。

 

ここにいれるのは他でもない、あなたがいるからです。

 

また、あなたがいたからです。

 

きれいごとでもなんでもありません、たんなる事実です。

 

そんな今日はおめでとうというよりも『ありがとう』と伝えたい。

 

そんな日なのです。

 

 

33歳という節目なので今日はなんだか語っちゃいます。

 

33歳になって変わったことは特にありませんが、ホームレスでいることは確かです。

まぁ、冗談はさておきましてこの33年間で色んなことがありました。それはたくさん。

 

奈良県は天理で生まれ育ち、親のおかげで何不自由なく生きていました。

それでも、どこかで息苦しい環境を自分で作っていたのは事実です。

世間一般でいう『良い子』を演じてしまう。そんな僕でした。

 

なので本当にやりたい音楽に辿り着くのに中学のとき思い立ってからというもの約8年ほど掛かりました。

 

やっとこさ、音楽活動ができることになってからというものすぐに会社に就職をします。

まさにブレブレでした。音楽と会社員の両立はなかなか難しいものがありました。

 

その経験が今となってはプラスに転じているんですが、ブレブレです。ウケる。

 

そんな僕はいつまでたっても、どこまでいっても芯がブレてました。

 

いつもやりたいことに迷いがありました。

 

本当にこれでいいのか??

 

今の生活ですら思うこともあります。以前よりはかなりスッキリしたけど。

 

人は僕をみて、こう思う方が多いと思います。

『あいつ自由だよなぁ〜』って。

はっきりいってどこにいっても自由なんてありません。

 

自由は自分で作るものだから。

 

そう、作っていくしかない。

 

いつもどんなときも。

 

誰も、自分の自由は作ってくれない。自分で作る。作っていく。

 

その覚悟があるものだけが自由を勝ち取れる。

 

まぁ、自由、自由って言ってるけど、もはや自由かどうかはどうでもいい。

 

やりたいことを形にしていく。これに尽きる。

 

1度の人生、楽しくしていきたい。誰もが思うはず。

そう思わなくたって、楽しい方がいいに決まってる。

 

それをやるためには、 やっぱり自分で作っていくしかない。

 

敷かれたレールの上では、行きたい場所に行けない。

自分でレールを作って、行きたい場所に行く。

そのほうが人生楽しいに決まってる。

 

そのレールを作るのが辛いときもあるだろうけど

このレールができたら行きたい場所に少しでも近づくんだと思えるなら、それが幸せだ。

 

その積み重ねで、僕らは遠くまで行こう。

 

全てに感謝。

Shinji Yoshida

コメント