2021年の通信業界の動きを勝手に予想しました

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

あけましておめでとうございます!

2020年は大変お世話になりました!今年も何卒よろしくお願いいたします!

 

ということで、2020年の通信業界は色々な動きがありましたね!

2019年10月に法改正がなされてからというもの、【楽天モバイルの参入・国からの大手キャリアの料金の値下げ要請・ドコモの新プラン発表、、、】たくさん色々なことがありました。

ここ10年ぐらいを思い返しても2020年は激動の年だったんではないかと個人的には思ってます。

 

さぁ今回はそんな2020年を踏まえて今年の2021年の通信業界はどんな動きをしていくのか?というのを勝手に予想して書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

2021年3月までにはauの新プラン発表か!?

昨年の2020年12月3日にドコモの新プラン『ahamo』が発表されました。

そして、2020年12月22日にドコモに引き続きSoftBankの『SoftBank on LINE』が発表されました。

どちらも2980円で20Gのデータ量、5分間の通話し放題というかなり低価格での発表でした。

 

となれば、もちろんあそこも続いて出していくでしょう。

auの新プラン、もしくは新ブランド。

何も発表せずに終わるなんていうことは昨今までの通信業界を見ていれば有り得えないと思います。

 

ただし、auがどういった新プラン、もしくは新ブランドの打ち出し方をしていくのが見ものです。

 

ドコモの『ahamo』にもSoftBankの『SoftBank on LINE』にもない強みを持って発表すべく、auは今、水面下にて急ピッチで動いていることでしょう。

 

2021年の格安キャリアはどうなるのか?

そして、2021年改めて大手キャリアの価格競争が始まると、格安キャリアの動向はどうなっていくでしょうか?

 

おそらく、大手キャリアと共存していくところに収まっていくのがベストなのかなと勝手に予想しています。

 

価格をこれ以上、下げるということは企業の存続が危ぶまれることや、ユーザーが格安キャリアを持つ理由というのも今後5Gが普及してこれば格安キャリアでのデータ容量では足りなくなってきます。

 

大手キャリアとの何かしらの共存、または子会社化がさらに進んでいくのではないかと思います。

 

まとめ

昨今はインターネットやスマートフォンなしでは生きていけない世の中です。

その土台を作った大手キャリアの功績は、もっと称えられてもいいのでは?と個人的には思っているのですが、

『やれ携帯料金が高い』や『プランがわかりづらい』など大手キャリアユーザーの不満の声が数多くあります。

もちろんそういったユーザーの方の気持ちはわかります。

 

そんなユーザーの方の

○疑問や悩みを解決
○ユーザーと通信会社の架け橋

をやっているのが僕のやっている通信費アドバイザーです。

 

僕は13年ほどこの通信業界に携わってお仕事をしてきました。

確かな経験を持ってこれからもお伝えしていきますので楽しみにしていてくださいね!

 

また最近は『通信費のお悩み相談室』というラジオもはじめたのでよかったら覗いて聞いてみてください!

『通信費お悩み相談室』(ネットとスマホ代) | stand.fm
自◼︎通信業界13年目 紹◼︎販売コンサル 介◼︎お酒と音楽と空想が好きです☺️ ◾️番組説明【毎週月曜日配信】 この番組では通信費(ネット代とスマホ代)に関することを『ゆったり・聞き流しながら・学べる』を心掛けながら配信していきます。 ときに配信者の日常を3...

それではまたお会いしましょう!シンジでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました