【SoftBank on LINE】ドコモのahamoに対抗!?esimってなに?

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

先日、SoftBankから『SoftBank on LINE』という新料金プラン(メインブランド)が発表されました!↓

SoftBank on LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
『SoftBank on LINE』新料金プラン 2021年3月サービス開始予定

LINEモバイルを完全子会社化し、ドコモの新料金プラン『ahamo(アハモ)』に対抗するべく打ち出したSoftBankの新料金プランです。

スポンサーリンク

ドコモのahamoには無い『SoftBank on LINE』の強み

ドコモの『ahamo』にはない『SoftBank on LINE』の強みは主に2つ。

○LINEが使い放題
○esim対応

というところ。

 

ドコモのahamo詳細↓

報道発表資料 : 新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表 | お知らせ | NTTドコモ
新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表いたします。

 

この『LINEが使い放題』『esim対応』という強みがあることで若者世代の囲い込みになりそうだと個人的に思っています。

 

軽く筆者の自己紹介

どうも、シンジです。

軽く自己紹介をさせて頂きます。

○通信業界(ネット・スマホ)歴13年ほど
○企業やスタッフさんへのコンサルティング

今もなお現場で販売員をしており、リアルなお客さんの声を聞いているからこそ、お届けできることがあると思いブログを書いてます。

 

今回は『SoftBank on LINE』についてのブログですが、『esim対応になることでどうなるのか?』『そもそもesimってなに?』ということについてわかりやすく書いていきたいと思います。

 

esim(イーシム)ってなに??

そもそもesimってなに??

という方も多いかと思います。

 

本来、スマートフォンにはsimカードという物理的な小さいカードを入れて通信ができるようにしています。

 

下記がsimカードです。↓

このsimカードがあることによって、auやSoftBank、docomoといった会社の電波が使えるようになります。

 

esimとは、先ほどの物理的なsimカードとは違って、《デジタル化されたsim》のことを【esim(イーシム)】と言います。

 

esimがあるとできること

例えば、

今すぐ格安なプランに乗り換えたい!

となったとします。

 

物理的なsimカードが必要な場合は、

①ショップや家電量販店にいって契約をする
②ネットで申し込んで、simカードが届くのを待つ

というようなことが必要になります。

 

ですが、esimは《デジタル化されたsim》なので、思い立ったら

今すぐ契約しよう!

ということが可能になります。

※もちろんのことesimに対応している端末じゃないと使えないので契約する前に必ず確認してください。

 

まとめ

今回は、『SoftBank on LINE』について特にesimについて書いていきました。

 

esim対応だと『便利』ということが少しでも理解して頂けたかなと思います。

しかし、esim対応しても『自分でどうやって契約したらいいかわからない』という方も多いと思います。

 

おそらく、今後、ドコモの『ahamo』、SoftBankの 『SoftBank on LINE』に引き続きauから何かしらの新しいプランやブランドの発表があると思います。(大手キャリアあるあるです。)

 

その中で『どうすればいいかわからないけど、通信費は見直したい』いう方も多いと思います。

そんな方のためにこれからも発信をしていきますね!

また、ラジオでの配信もやっていますので是非参考にしてみてください。↓

『通信費お悩み相談室』(ネットとスマホ代) | stand.fm
自◼︎通信業界13年目 紹◼︎販売コンサル 介◼︎お酒と音楽と空想が好きです☺️ ◾️番組説明【毎週月曜日配信】 この番組では通信費(ネット代とスマホ代)に関することを『ゆったり・聞き流しながら・学べる』を心掛けながら配信していきます。 ときに配信者の日常を3...

それでは、またお会いしましょー!シンジでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました