コンビニバイトから学ぶ【自分のために生きているか?】

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

どうも、シンジです!

 

先日、東南アジアへ旅行に行ってきました!

ごめんさい、嘘です m(__)m

ここは大阪府内にある、森ノ宮公園といところです。各国のミニチュアがあって、コスプレイヤーさんのなかで有名な公園です。

 

今日は、

自分事にする or 自分事にできないことはやらないほうがいい。

ということについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

大学時代のコンビニバイトを思い返してみた

大学時代にコンビニバイトをちょろっとやったことがありまして、そのときラグビー部の寮に住んでいたんですが、そこから近いことをきっかけに小遣い稼ぎでコンビニバイトをはじめました。

 

当時の僕はとてもコミュ症で、まともに自分の思ったことを言えなかったり、今でもですが機械的な作業が苦手でして、始めた後に気付いたんですが、コンビニバイトって自分にとってめちゃくちゃ不向きだったんですね。

 

なので、仕事として前向きに捉えることもできず、覚えることがままならなかったり、自発的に動くこともせず、楽しくないバイト生活でした。

 

バイトの時間が近づくとめんどくさいなーと思っては向かってバイトして、バイト中も早く終わらないかなー、、って考えたり、お客さんは来ないでくれ。こんなことを考えていた。

 

コンビニバイトを楽しめる人はどんな人?

いるかどうかはわかりませんが、手放しにコンビニバイトを楽しめる人もいると思うんですね。

 

例えば、地元のコンビニバイトに入って友達がよく来て楽しいからとか、バイト仲間との仕事が楽しかったり、そもそもコンビニのバイトが慣れたから楽で好きとか。そんな人もいると思う。

 

自分事にできる環境にいるか?

前置き長くなりましたが、

今、自分のいる環境はどうだろう??

とふと思った。

 

自分は自発的に動けているだろうか?

仕事中にお客さんとのやりとりに楽しさを持っているだろうか?

 

そんなことを考えてみる。

 

自分の好きなことで、仕事ができて、生きていける。

 

そんな、人生って楽しくない?

 

もちろん、そんな簡単ではないかもだけど、その過程を楽しめたり、そんな自分のやりたいことで生きている人も世の中にはたくさんいる。

 

今、自分の目の前のことを自分事にできているだろうか?

今、自分の目の前のことを自分事にできているだろうか?

 

もし、今、目の前にあることが自分事にできていないなら、自分事にできる環境に変えたほうが楽しくなるし、自分事にできないことはできる限り無くしていくべきだと思う。

 

想像してみてほしい、自分の好きなことで誰かが喜ぶ姿を。

 

そんな毎日になるように、これからもやっていきたいと思います。

 

今日もありがとう。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました