固定概念を取っ払う方法

スポンサーリンク

どうも、シンジです!

何事においてもですが、固定概念は捨てた方がいいです。

そもそも固定概念というものに囚われていることすら気付いてないときがあります。

今回は僕自身が新たに訪問販売を始めることで気付いたことがあったので書いていきます。

 

スポンサーリンク

『こうだろう』という固定概念が視野を狭めて売上を下げる

『おそらくこれはこうだ』

ビジネスにおいて仮説を立てることはとても大事です。

しかし自分が行動してみたことのない仮説は単なる『想像』でしかありません。

自分が体験し、ある程度の数をこなすことにでより正確な『仮説』というものが立ちます。

また、経験豊富なことであってとしても固定概念は存在していて

『今までの経験からすると、おそらくこうだろう。』

という、少なからずの決めつけがあったりします。

 

・まだ行動もしていないのに『想像』で判断すること

・経験から決めつけで判断すること

 

これが固定概念です。

 

そして、この固定概念があらゆるところであなたの視野を狭めています。

 

例えば僕ならば・・・

 

訪問販売はご自宅のインターホンを鳴らすことによって販売がスタートします。

 

・おそらくあの家は出てくれないだろう。(想像)

・おそらくあの家は車が止まっていないから誰もいないだろう。(決めつけ)

 

この勝手な想像や、決めつけがチャンス(販売員なら売上)を逃してしまう可能性があります。

そして、そのことに気付けるかがとても大切なことだと思います。

 

固定概念を取っ払う方法

そこで今回は、凝り固まってしまった頭をほぐす『固定概念を取っ払う方法』を紹介します。

・つべこべ言わず行動する

・新たな気持ちで取り組んでみる

・旅行へ出掛ける

・新しいことを初めてみる

この4項目です。

 

つべこべ言わず行動する

何か新しいことを始めるとき『どうやって始めればいいのか』悩んでしまうことはありませんか?

そんなときこそ、まず『行動』です。

人間は面白い生き物で、動いているうちに新たな考えやアイディアが生まれてきます。

また、行動することで経験値も得ていきます。

そして案外やってみれば簡単だったりする。そうやって『案外簡単だった』と気付くことで固定概念を取っ払えます。

 

新たな気持ちで取り組んでみる

知識や経験が溜まっていくと、マンネリ化が起きますよね。

このマンネリ化が、固定概念です。

そんなときにオススメなのが、今一度自分の知識や経験をリセットして物事に取り組んでみることです。

それが例え、同じ事柄や全く同じ内容だったとしても

『自分が初めて体験した時のことを思い出してやってみる』

これが面白くて、真っさらな新しい気持ちでやってみることで

“以前から自分が成長したことを思い返せたり、新たな発見があります”

これに気付けることで固定概念を取っ払えます。

 

『おそらくこうだろう』という決めつけに対して『もしかして◯◯かな?』と考えてみる

これは経験からこうだろう。と仮説を立てるときがあります。

その『こうだろう』は固定概念であるときがあります。

そんな時に使ってほしいのが『いや、まてよ、もしかしたら〜かな?』とほかの仮説も立ててみることで。

浮かんできたり『こうだろう』より、できるだけ真逆な仮説(逆説)の方が固定概念を払拭することできます。

そして、その立てた逆説を実際に行動してみることで結果が出れば、固定概念は取っ払あるでしょう。

 

旅行へ出掛けてみる

旅行に行けば、新しい人や新しい事柄により多く出会えます。

その土地でしか食べられないもの、そこにしかないもの、そういったものにより多く出会い、触れることで固定概念を取っ払うきっかけになります。

 

新しいことを初めてみる

今まで自分が経験したことないこと、そういったものを初めるだけで固定概念を取っ払えます。

新たな風を自分の中に取り入れることで、風通しが良くなり、クリーンな状態になります。

そのときに『今までやっていたアレ!今度からこうやってみよう!』なんてアイディアも浮かんできたりします。

新しいことを初めてみることは、新しい気づきだけではなくて、今までの経験してきた体験をもレベルアップできる可能性があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

知らず知らずのうちに固定概念が自分を縛っていることがあります。

自分の中に新しい風を吹かせることで、今までの経験のレベルアップや、固定概念は消えてフラットな状態に戻れます。

そうすることでいくつになっても、成長できる自分でありたいなと僕は思います。

コメント