映画『カメラを止めるな!』をクリエイターこそ必ず見るべき5つの理由【ネタバレ最小限】

スポンサーリンク

f:id:symusic0407:20180905233332j:image

どうも、しんじ(#47曲旅 Shinji Yoshida (@symusic0407) | Twitter)です。

皆さんは今話題の映画『カメラを止めるな!』はもう観ましたか??

このブログを読んでいるということは少し気にはなっているけど、そんなに見るべき映画なのか、、、半信半疑、、、ですか??

どちらにせよ僕自身は最高な映画だと思ったので理由を書いていきます。

まさにこのツイートでも書いてますが、クリエイターこそ観て欲しい映画となってます。

そもそもこの映画は低予算だったため口コミのみでここまでの話題になった映画です。

低予算映画『カメラを止めるな!』が大ヒットした奇跡の裏側 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

いや、むしろ低予算だったからこそ感じれたものがありました。

映画『カメラを止めるな!』をクリエイターこそ必ず見たほうがいい5つの理由。

①アイディアが最高に詰まっている

あーーー!そういうことねー!!っていう要素がてんこ盛りです!!ここはあまり言えない。。。

②情熱が最高に詰まっている

映画を観ていると感じるんです。

クリエイターならわかるはず、情熱が自然と伝わってきてなんだか泣きたくなってきます。笑

でもこれはマジ。観て欲しい!!わかったなら連絡くれ!笑

③笑いが最高に詰まっている

もう、後半笑いが止まりません、なんなら笑いながら泣きそうになる。

映画館で1人であそこまで笑ったのは初めてや。笑

④感動が最高に詰まっている

親と子の絆みたいなドラマも入ってます。

もーーー!!!!それはそれはいい具合に取り込んでます。

⑤つまり最高の最高の最高は最高は最強

クリエイターにとって大切なことを僕はかなり昔に悟ったことがあるんですが、、、←知らんわ。笑

受け取る側の想像を超えて、超えて、さらに超えれば超最高!!ってなることを悟ったんです。

その感動と興奮をこの映画は思い出せてくれました。

ここまで情熱とアイディアを詰め込めば低予算でも魅せれる!!

そういう感動が湧き起こります!!

それは映画の中に自分が入ったような感覚で、また現実でも。

『よしっ、明日からまた制作やったるぞ!!』

そんな気持ちにさせてくれます。

日々、制作に追われクリエイターはいつしか作業というもので手一杯になってしまうことがあることがある思うんです。

初めて作り手側にまわりたいと思ったあの日、あなたはそんな自分の姿を想像していましたか??きっと違うはず

素直に感じた感動を自分もその手で作り出したいから作ることをはじめたはず。

そんな初心を思い出させてくれる最高な作品です。

ネタバレは最小限に抑えました!!

是非とも映画館で感動を味わってください!!

それでは!またまた!!

Shinji Yoshida(しんじ よしだ)は47都道府県を旅しております。
ブログの読者登録、またはTwitterのフォローは下記ページよりよろしくお願いします。
【各種SNS】Shinji Yoshida(しんじ よしだ) – ありのままに音を奏でてたいだけ

旅するシンガーソングライターの『Shinji Yoshida』のオフィシャルホームページ
【ホームページ】Shinji Yoshida(しんじ よしだ) – ありのままに音を奏でてたいだけ

コメント