夢という”まやかし”の言葉に逃げていないか

スポンサーリンク

“夢”

 

“ユメ”

 

“ゆめ”

 

“DREAM”

 

そんな、夢という

“まやかし”

と僕は戦っていた。

 

“夢があるんだ”

と言っておけば響きはよくて

希望が溢れているようにみえる。

 

夢と言っておけば

それに立ち向かう

さも勇者かのように思ってもらえる。

 

ほんとうは形が

どうなっているかさえも

わかってなかったくせに。

 

それが今までの僕だった。

 

 

やりたいことを

ただやりたいだけなのに

うまく表現できずにいた

 

その中で自分の掲げた”まやかし”

『夢』

に向かってひた走る。

 

先は見えない。

 

そら、何度も迷う。

 

 

と言っている今ですら

自分のほんとうに

やりたいことなんてわかってない。

 

 

でもね

もう

それでいいやん?

 

 

だってわかんないもんは

わかんないから。

 

 

それでも、現状を変えていきたい。

 

もっと面白くしていきたい。

 

形にしたいものがたくさんある。

 

 

それをただやりたい。

 

 

だから、夢という言葉に逃げるな。

 

 

もっとイメージして、形にして。

 

 

夢という言葉を使わないのではなくて、

 

夢という”まやかし”を取っ払おう。

 

夢という言葉を使わないのではなくて

 

夢という残像をハッキリ捉えよう。

 

もっと明確にして。

 

僕はアホだから行動するしかない

今まで悩みに悩んで

あれこれ選択をしてきた

 

悩んでる時間がもったいない

動いて経験を積むほうがいい

失敗したらネタにすればいい

 

そんな世界が見えてきたところ

コメント