さよならだけど『またいつかきっと。 』そんなひとりごと。

スポンサーリンク

今日、出会ったあの人

 

一瞬でも心通わした瞬間があったなら、なんだか”さよなら”するのが寂しくなる

 

だれかは言う。

『強さを持ちなさい』と。

優しさだけでは生きていけないとも。

 

でも、それが本当の強さや優しさならすこし寂しい。

 

さよならすることが強さなら、そんな強さ、なんだかイラナイ

 

また会おうね。って言っていたいし、また会えるだろうなって思っていたい。

だって一緒に笑えた瞬間がそこにあったんだから。

また会えるだろうなって想うんだよね。

そんな強さを持っていたいな。

 

今日は広島で販売の仕事してます

こんなことを今日の終わりにふと思った。

今日、接客させてもらったお客さんがいてさ、そんなことを考えてた。

 

自分のためにも誰かのために強くいたし、影響力も持ちたい。

 

でも、さよならって寂しい。

 

また会おうね。じゃダメかな?笑

 

人生という旅に全てを持っていくことはできない。

家を無くして、ホームレスになってからバックパックひとつでの生活になったけど、限られたものしか旅には持っていけない。

アレもコレもじゃ身動きが取れなくなる。

だから人はしっかりとさよならを言った方がいいのかもしれない。きっとそうなんだろうな。

 

でもその中で、言葉にしなくても

『またいつかきっと』

その『また』は来世かもしれないけど、そんな風に思えたら素敵だな。

 

だから明日からも、さよならをしっかり言えるように人に接していきたいな。

 

そんなひとりごとでした。

 

今日もありがとうー!

コメント