仲間ってなに??②【1986大作戦 ツアー12日目】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

旅するシンガーソングライターのしんじです!!

 

 

現在、6/23(土)のライブに向けて情報発信中。

6/23(土)「1986JAPAN TOUR FINAL in 名古屋」‬ – ありのままに音を奏でてたいだけ

 

ブログにて当日のライブまでの軌跡を書いていってます。

 

 

【前々回の1986大作戦ブログ】

1986大作戦!!ツアー4日目の担当はShinji Yoshidaです。 – ありのままに音を奏でてたいだけ 

 

【前回の1986大作戦ブログ】

仲間ってなに??【1986大作戦 ツアー8日目】 – ありのままに音を奏でてたいだけ

 

 

 

 

それでは前回のブログの続きになります。

 *今回も個人的な目線で書いていきます。ご理解よろしくお願いします。 

 

 

 f:id:symusic0407:20180522153524j:image

 

そして僕らのホームのイベントであった

『LIVE STATION』は終了した。

*完全に終了したというよりも、やらなくなった。というのが正解かも。

 

 

 

ある人はライブ活動を続け。

 

ある人は仕事に専念し。

 

ある人は結婚し。

 

ある人は変わらず我が道を行った。

 

ある人はもがき。

 

ある人は迷い。

 

ある人は歌う。

 

ある人は忘れられず。

 

ある人は泣いた。

 

 

 

 

僕らはそれぞれの道を行った。

 

でもいつかまたあの頃のように集まって歌えるだろう。

 

そんなことを漠然と描きながら。

 

それぞれが今ある生活の中で音楽を続けた。

 

 

 

 

ここで思い出してほしい。

 

前回ブログの『仲間ってなに?』ってこと。

仲間ってなに??【1986大作戦 ツアー8日目】 – ありのままに音を奏でてたいだけ

 

 

僕は考えたこともなかった。ここ最近まで。

 

でもすごくハッキリと見えたんだよね。

 

 

たまにくれていた心配の連絡や、

どこかであいつ大丈夫かな?って考えたり。

 

おめでとうといってその為だけに曲を作ってくれたり。

 

なんでこいつうまくいかんのかな??とか思ったり。

 

ときに言い合いになり口喧嘩したり。

 

どこかで感じてた。存在を。気にしていた。

 

 

心から『かっこいいな』と思えたり。

『こいつやべーな!笑』って思えたり。

『早く売れんかな?』って思ったり。

『戻ってこいよ』って思ってたり。

 

 

幾度となくきっと重ね合ってた。

 

 

『LIVE STATION』というイベントが終わり、4年ほど経った昨年2017年の7月。

 

 

僕は『MUSIC@HOME』というイベントを開催することになる。

 

 

生配信しながら曲作りする企画で

僕を中心に1曲作ることとなった。

 

またできた曲を歌うためにイベントをやって

ラストで歌ったらどうか?

そしてそのイベントに出てくれる人に曲に参加してもらおう!という案のもと企画はスタートした。

 

 

イベントをやるなら

また誰かと曲を一緒に作るなら

 

 

あいつらしかいない。

 

 

そして僕はみんなに連絡をした。

 

その頃僕は曲作りを中心とした音楽活動だったためライブ活動はほぼしていなかったが、ふたつ返事で皆参加を決めてくれた。

 

 

お前がやるならでるよ。

 

 

とても心強かった。

 

 

イベントまでの期間の中で曲作りを進め、イベント内容も決めていく。

 

バタバタとそれぞれの生活リズムの中で皆快く協力してくれる。

 

 

そして当日『MUSIC@HOME』は開催された。

 

当日もバタバタ。

企画を詰めすぎていたのでみんな疲弊していたと思う。

 

 

でもこの日のためにみんなで作った曲『LINK』をラストに歌った時、胸が高まった。

 

おそらく、みんなも感じていてくれていたと思う。

 

あの日が蘇ったみたいな感覚。

 

 

そして僕は『感謝』した。

 

 

あなたのおかげで僕はここにいる。

 

そう実感した。

 

 

べつになにも大きなことを成し遂げたわけでもない。

 

でも確実に自分の人生に大切な一歩だった。

 

その日をみんなが作ってくれたんだ。

 

『LINK』ミュージックビデオ – YouTube

 

 

僕1人の力なんてちっぽけだ。

 

今までの僕は1人でなんでもやろうとしていた。

 

でもこの日から僕の中で何かが変わっていった気がする。

 

 

みんなでできることはなんだろう?

 

そして、

 

みんなのためにできることなんだろう?

 

 

もちろん自分の活動を広げたいから進むんだけど、ほんとは表だって歌うことも未だに苦手だし、ライブ中に怖くなって頭が真っ白になるときもある。

 

でもみんなのために進みたいって思ったんだよね。

 

自分が力を付ければ、きっと周りのみんなをもっと知ってもらえる。

 

そう思ったんだよね。

 

恩返しがしたい。

 

そう思ったんだよね。

 

 

路上ライブをまた始めたのも、誰かのきっかけにしたかったし、またイベントをして参加してもらったのも、まだ見ぬ人に知ってもらいたかったり

 

でも、その度に自分の力の無さを痛感させられる。

 

なにも返せない。感謝が返せない。

 

むしろもらうばかりで。

 

もしかしたらみんなは何も感じてないかもしれないけど、僕自身はとても悔しかった。

 

 

でもそれって今思えば、僕はまだ1人でやろうとしてた。自分よがりだったんだな。

 

 

47都道府県47曲旅プロジェクトを始めたのも、誰かに勇気を与えたい!

そしてやり遂げることで成長して、周りのみんなに恩返しがしたい!

 

 

それは

 

 

みんな!

 

みんな!

 

みんな!    なんだよ!!

 

 

でももうひとりよがりじゃなくやっていく。

 

 

みんなで作っていく。

 

 

弱いところ、強いところも認めあって、補い合っていく

 

 

そんな仲間がいるってことに最近気づいたんだ。

 

 

僕らは弱いんだ。とても弱いんだ。

でもずっとあきらめずに自分達を信じる。

 

だからできることがある。

 

だから一歩を踏み出すんだよ。

 

それをみんなで作りだす日。

 

それが6/23(土)

 

 

 

 

、、、仲間ってなに??

 

 

過去も未来も越えて必然的な繋がりを感じるやつら。

 

 

それが仲間だって僕は思った。

 

 

あぁ、ここまで繋がっていたんだなって自然と思えたんだよね。そしてこれからに繋がっていくんだなと。

 

 

それを確かに感じたのが1986JAPANの4人なんだ。

f:id:symusic0407:20180524194209j:image 

 

 

そんな仲間がみんなにはいますか??

 

 

 

まぁあくまでも今回も僕の個人的目線で書いたブログです。

 

 

 

 

、、、今回も1986大作戦にてのブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

この『仲間』を踏まえて、次回の1986大作戦ブログに続く。

 

6/23(土)のライブチケットは↓

6/23(土)「1986JAPAN TOUR FINAL in 名古屋」‬ – ありのままに音を奏でてたいだけ

 

【ホームページ】Shinji Yoshida(しんじ よしだ) – ありのままに音を奏でてたいだけ

1986大作戦
スポンサーリンク
symusic0407をフォローする
スポンサーリンク
ありのままに音を奏でてたいだけ

コメント