仲間ってなに??【1986大作戦 ツアー8日目】

スポンサーリンク

f:id:symusic0407:20180520200848j:image

 

 

 

どうも!

 

 

 

旅するシンガーソングライターのしんじです!

(Shinji Yoshidaです)

f:id:symusic0407:20180520205233j:image

 

千葉旅から名古屋に戻ってきて現在千葉ソングを制作中の僕ですが

*2018/5/20現在。

 

前回のブログにて6/23のライブに向けて、ライブ当日までの軌跡を書いていってます。

 

前回ブログ。

1986大作戦!!ツアー4日目の担当はShinji Yoshidaです。 – ありのままに音を奏でてたいだけ

 

前回のブログ内容は『鈴木重雄』について。

f:id:symusic0407:20180520193240j:image

とても身近な存在。

時を越え、築いてきた関係性がたしかにあります。

 

まだ読んでない方は読んで頂けると幸いです。

 

 

 

そして、そこを踏まえ今回から仲間って一体何??

 

ってことについて書いていこうかなと思います。

 

 

本来の流れ的には1986JAPANのクルーの

 

『Kaijyu』か 『☆しょーじ☆』

 

のことについて書いていくのがセオリーかと思いますがそれはまた後ほどしっかりと。

 

 

 

 

それでは、今日のブログタイトルの内容に話は入っていきます。

 

 

いきなりですが

 

皆さんには仲間がいますか??

 

 

こいつのためになんかやってやりたい。

心から羽ばたいてほしい。

またいつか行き場がなくなったなら自分が帰る場所でありたい。

 

 

そう心から思える仲間はいますか??

 

 

僕はいます。

 

 

僕にとってそれが1986JAPANのクルーメンバーです。(☆しょーじ☆、Kaijyu、鈴木重雄)

f:id:symusic0407:20180520203830j:image

 

 

前回のブログでも書いたように僕たちはもう10〜12年あたりの付き合いになります。

 

その頃、またはそれ以前からそれぞれ音楽というものに魅了され、音楽活動をスタートさせてます。

 

今もなおそれぞれが音楽活動を続け、

それぞれの夢を見ることを諦めていません。

またそれが同い年。

 

こんな状況ってなかなかないってことに僕は気付きました。

 

 

 

 

当時20歳の僕が名古屋のクラブミュージックシーンで歌い始めた頃、僕ら世代の1つ上、2つ上の先輩世代は名古屋クラブミュージックシーンでもゴールデン世代でした。

 

その方々が、

 

塾長ことSEAMOさん

 

nobodyknows+さん

 

HOME MADE 家族さん

 

Sonar Pocketさん

 

いつも大変世話になってるカルテット.さん

 

 

他にもたくさんの方々。

 

あげるとキリがありませんが名古屋をそして、全国を熱狂させてきた、また熱狂させている方々です。

 

僕達はメジャーにいく先輩を幾度となく近くで見て、そしてそんな先輩に夢を重ねてきました。

 

 

 

いつかあぁいう風になりたい。

負けたくない。

自分の音楽をもっともっと知ってほしい。

 

 

1986JAPANクルーそれぞれ思うことは違うかもしれませんが、少なからずとも僕はそう思ってました。

*今でこそメジャーになることに興味はありませんが、自分の音楽を届けたい想いは変わりません。

 

そうやって近くで影響力のある先輩方。

また当時、盛り上がりをみせる名古屋のクラブミュージックシーン。

 

そこに『続け続け!!』と、自分の音楽と日々向き合いながら、もがきながら僕らは音楽を続けるのでした。

f:id:symusic0407:20180520194051j:image

*当時、名古屋クラブミュージックの若手シーンでは盛り上がりをみせた『LIVE STATION』というイベントの写真。

 

 

当時、7〜8年前にイベンターの方が名古屋のクラブミュージックシーンの若手を集めて

『LIVE STATION(ライブステーション)』 

というイベントを開催してくれていました。

 

 

僕たちはその中で毎回誰が一番になるのか?

誰が一番先にメジャーシーンにいくのか?競争しあった中。その頃からいい意味でライバル。

*厳密にいうと☆しょーじ☆はバンドだったのでライブは出てないけど、トラックメイカーとしていつも携わっていてくれました。

 

 

誰かの作る新曲に感化されれば、また他のやつが新曲を作ってくる。

誰かがアルバムをリリースすれば誰かが感化され、また他のやつがアルバムをリリースする。

 

そうやって切磋琢磨しあってきました。

 

でも、その頃からお互いのもつ才能を認め合ってたし、絶対に誰かはメジャーシーンにいくだろうなんことを思ってました。

 

 

だから『LIVE STATION』というイベントの継続が難しくなり無くなってしまうということになったとき自分達の力のなさを感じたし、その頃から名古屋のライブ(クラブ)イベントにお客さんも入らなくなってきた。

 

いわゆるライブ離れっていうのかな?

時代の流れかもしれないけど、

これは、まぁ簡単に言うと実力不足。

 

今でもライブをすれば集客できるアーティストはいくらでもいるし、僕らにやれるべきことはたくさんあった。

 

それに気づかなかったのか、気づこうとしなかったのか。

 

そんなことにも気付けぬまま僕らのホームであったイベント

 

 

『LIVE STATION』は終了した。

 

 

 

今日はここまで

 

 

次回に続く。

 

 

1986JAPANが歌う『集大成』

1986JAPAN「集大成」PV – YouTube

 

 

f:id:symusic0407:20180520215754j:image

 

【LIVE情報】
「1986JAPAN TOUR FINAL in NAGOYA」
2018.6.23(土)@ 納屋橋スタジオRUSH
チケット購入はこちらから↓
1986JAPAN
※5月12日(土)から販売開始
※特別先行チケット、購入期間は5月12日(土)〜5月26日(土) 23:59まで

 

 

コメント